患者搬送サービスの種類

民間救急サービス

緊急を必要としない入退院や転院などの移動に際し、ストレッチャーに乗ったまま乗車できる患者輸送車で目的地まで搬送するサービスです。
運転者の他に介助や観察などを行う乗務員が搬送元から搬送先までお手伝いします。

医療搬送サービス

主として消防救急対応外の医療処置継続管理や観察を必要とする傷病者の搬送に際し、それらを行うに足りる相応の資器材を搭載した医療特化型患者輸送車に、必要に応じ看護師や救急救命士が乗務し、病院間等の移動手段を提供しているのが「医療搬送サービス」です。

高度医療搬送サービス

医療搬送サービスは、事業者所属の看護師が乗務し「特定5項目の医療行為(P.6参照)」の範囲を原則として、医療処置継続管理を行いますが、これを超える特殊な機材の持込や、搬送途上における容態悪化・急変等、ハイリスク傷病者につきましては、搬送元の医師や看護師の同乗を必要とします。また、消防救急対応外の搬送であることが前提となります。

必要としているサービスをお選びください。

医師や看護師が同乗し医療処置を継続しながら搬送する患者搬送サービスと、いわゆる福祉タクシーや介護タクシーと呼ばれている福祉系サービスがあります。
それぞれ乗務スタッフや車両構造及び搭載資器材等が異なり、ご利用者様の状況に即したサービスを提供できるようにしています。


※クリックすると拡大します。