医療行為及び急変時の対応について

医療行為について

医療搬送事業所の看護師が搬送元の医師の指示により行うことができる医療行為として以下の特定5項目が認められています。

  1. 搬送元の医師の指示による点滴の管理
  2. 搬送元の医師の指示による酸素投与の管理
  3. 搬送元の医師の指示によるモニター監視
  4. 搬送元の医師の指示による痰の吸引
  5. 搬送元の医師の指示による経管栄養及び経管与薬

急変時の対応について

患者搬送サービス(民間救急)は、消防庁の指導により緊急を必要としない傷病者の搬送を対象として活動していますが、その途上における様態の悪化・急変は常に危惧しているところです。
このような状況に陥った場合は消防救急への乗せ替えを要請します。

消防救急車への乗せ換え要請訓練