ご利用料金及び移送費について

イメージ写真 民間救急サービスのご利用にあたっては、事業者ごとに定められた認可料金が設定されていますので、事前に見積りをとることをお勧めいたします。
※全民救加盟事業者の実際のご利用料金についてお知りになりたい方は、参考までに以下をご覧ください。(クリックすると別ウィンドウが立ち上がります。)

  1. 関東民間救急センターの場合のご利用料金
  2. 福岡民間救急センターの場合のご利用料金

運賃の他に別途加算されるもの

  • 介助料(運転者の他1名が乗務し必要な介助を行います)
  • 酸素や吸引チューブなどの資器材使用料
  • 医療搬送の場合には看護師の要請料
  • 有料道路利用料
  • 駐車料金
  • 宿泊費 など

患者搬送サービス(民間救急サービス)のご利用料金につきましては、各事業所により異なり、障害者割引、会員割引、長距離搬送割引などが適用される場合もありますので、事前にお見積りをとられることをおすすめいたします。

移送費の支給について

病気やけがの治療のため、入院や転院をしなければならないときや、歩行することが著しく困難な場合などに、医師の指示で一時的・緊急的必要があり移送された場合、その移送費が現金給付として支給されます。
支給額は最も経済的な通常の経路および方法によって移送された場合の費用に基づいて保険者が算定した額となります。ただし、現に移送に要した費用を限度とします。
移送費の支給は、次のいずれにも該当すると保険者が認めた場合に行われます。

  • 移送の目的である療養が医師の指示による保険診療として適切であること
  • 療養の原因である病気やけがにより移動困難であること
  • 緊急その他やむを得ない状況であること

上記は一例です。詳しくは保険者にお問い合わせください。