九都県市合同防災訓練(千葉県)に参加しました。

第39回九都県市合同防災訓練(千葉県会場)< 訓練概要>

本訓練は、震災時における県や市、各防災機関の連携強化を図るため実践的な訓練を実施するとともに、自主防災組織を中心とした避難所の運営や防災啓発等を通じて減災への備えや発災時の対応などを学習し、自助の徹底や共助の充実、公助の連携強化による地域防災力の向上を図ることを目的として行われました。

日時

平成30年8月26日(日)10:00~13:00

会場

勝浦市立勝浦中学校(勝浦市出水1120-1)ほか

規模

参加機関(団体) 約110機関、 参加人員 約5,000名

想定地震

相模トラフ沿いを震源とするM8クラスの大地震が発生し、勝浦市では最大震度6強を観測、強い揺れによる家屋倒壊や斜面崩壊などによる被害が多数発生、電力・水道等のライフライン機能も麻痺している。
また、沿岸部では最大5mの津波襲来が予測されるため、迅速な避難が求められている。

訓練の様子

資料

訓練概要「pdfデータ/97kB] / 訓練計画[wordデータ/21kB] / 参加団体紹介[pdfデータ/1MB]

医療救護活動訓練が東京交通新聞に掲載されました。

内閣府主催「30年度大規模地震時医療活動訓練」に参加

本協会は、南海トラフ地震により徳島県、香川県、愛媛県、高知県、大分県、宮崎県に甚大な被災発生を想定した内閣府主催の「30年度大規模地震時医療活動訓練」が8月4日に実施され、東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・大阪・名古屋・徳島・山口・福岡・佐賀・宮崎、の各支局が参加しました。この度の訓練では、九州保険福祉大学SCU(臨時医療施設)・宮崎大学病院・宮崎県立日南病院・宮崎病院・野崎病院・都城新生病院・高知赤十字病院・徳島県立中央病院が参集場所としてDMAT(災害派遣医療チーム)より指示され、当協会の窓口となった民間救急オーシャン(宮崎支部長)らが調整連絡を担当し訓練は無事終了しました。本協会は定款に記す社会貢献を基に平成26年から全国で行われる訓練に参加してきました。東日本震災や熊本震災時には災害支援を実施し、多くの患者様を搬送しました。巨大地震・大噴火・大洪水等々の自然災害はいつ起きてもおかしくない昨今だからこそ民間の団体として出来ることはやって行きたい。今年2月に神奈川県との災害時医療救護活動協定締結に関してもその一環となっています。

—-

この度実施された訓練で是非紹介しておきたい搬送事例がありましたので、ここに記します。それは、新生児のクベース搬送です。緊急時を想定しているため、エレベーターは使えず細心の注意をもって階段を降ろし宮崎支局の高度医療搬送車を使用し転送医療機関に向かった。

協会総務担当部局長 星崎清美

—-

 

参加事業所

飯倉タクシー(福岡)・佐賀タクシー(佐賀)・山口民間救急(山口)・民間救急パートナー(宮崎)・民間救急STS(宮崎)・トゥルースロード(宮崎)・民間救急オーシャン(宮崎)・はやぶさ(徳島)・関西メディカル民間救急(大阪)・尾張介護タクシー24(愛知)・神奈川民間救急サービス(神奈川)・西関東民間救急センター(神奈川)・PAL民間救急(東京)・かとり民間救急(千葉)・民間救急あすか(埼玉)・関東民間救急センター(栃木)・株式会社MAKI(神奈川)

平成30年度 大規模地震時医療活動訓練について(内閣府 防災情報のページ)

 

本協会通常総会に関する記事が東京交通新聞に掲載されました。

保存保存

千葉県立佐原病院「フェスティバル2018」に、千葉基幹支局が参加

災害に対応できる病院を目指して・・・
広げよう防災の輪・・・
その時に備えて・・・

平成30年度定期理事会及び通常総会が横浜中華街で開催されました。

災害時医療救護活動に関する神奈川県との協定締結式が行われました。

災害対策基本法・災害救助法等に基づく災害時医療救護活動に関する協定書交換式が神奈川県庁にて行われました。

※画像提供東京交通新聞社

DMAT関東ブロック訓練が栃木県で行われました。

DMAT関東ブロック訓練が栃木県で行われ本協会は連携医療搬送訓練として参加しました。

訓練参加事業所は以下のとおりです。
関東民間救急センター、西関東民間救急センター、かとり民間救急サービス、
民間救急サービスオーシャン、PAL民間救急そービス、山口民間救急サービス
千葉寝台自動車、ユーイング、神奈川民間救急サービス、スター交通
民間救急サービストゥルースロード、民間救急サービス、パートナー、オレンジ民間救急
介護タクシーゆい、ケア輸送高橋、成田ケアステーション、民間救急MAKI
STSハンソウ、マジオ民間救急サービス、サポートライナー
以上20事業所、16台、38

訓練場所

那須赤十字病院、済生会宇都宮病院、芳賀赤十字病院、獨協医科大学日光医療センター

訓練の詳細

1.那須赤十字病院

当日指示のあった病院への搬送予定
黒須病院への搬送

2.済生会宇都宮病院

消防学校と当日指示のあった病院への搬送予定
消防学校への搬送

3.芳賀赤十字病院

当日指示のあった病院への搬送予定
自治医科大学付属病院への搬送
獨協医科大学病院への搬送

4.獨協医科大学日光医療センター

当日指示のあった病院への搬送予定
今市病院への搬送

 

災害支援時における協会独自の参集訓練

2018年2月8日~9日 災害支援時における協会独自の参集訓練が行われました。

 

【想定】2018年2月7日午前0時、那須岳(栃木県那須町)の大規模噴火

  • 8日、多数の負傷者により近隣医療機関は飽和状態に陥り、県内外の受け入れ機関への転院搬送依頼が栃木基幹支局に殺到
  • 8日午前11時、協会統括本部に状況説明と共に応援要請をかける
  • 統括本部より東日本支局長及び西日本支局長に対し各支局及び連携事業所への応援要請を指示
  • 同17時、以下の事業所が要請を受託
  • 同18時、参集場所を栃木県那須塩原市の日新中学校前のホテル駐車場とした
  • 東北道、宇都宮IC~矢吹IC通行止め

 

関東福祉車両、西関東民間救急センター、かとり民間救急サービス、民間救急サービスオーシャン、 PAL、山口民間救急サービス、千葉寝台自動車、ユーイング、神奈川民間救急サービス、スター交通、民間救急サービス、トゥルースロード、民間救急サービスパートナー、オレンジ民間救急、介護タクシーゆい、ケア輸送高橋、成田ケアステーション、MAKI、STSハンソウ、マジオ民間救急サービス、サポートライナー20事業所、16台、38名

病院移転に伴う患者様の搬送が協会員のボランティアにより実施されました。