全民救の理念

理念

  1. 多様化する移送ニーズに的確に応じ、安全・安心・快適・清潔な移動手段を提供し、お客様の更なる利便を図ることをもって社会に貢献します。
  2. 消防・医療・警察等諸機関及び、鉄道・船舶・航空等業界との連携を保ち、日本の「民間救急サービス」のあり方を真に追求し患者搬送業界に範を示すとともに、そのエキスパートを目指します。

協会概要

本協会は、平成17年4月、医療搬送サービスを主とする民間の患者搬送事業者団体であった、「全国民間救急サービス事業者連合会」を前身に、平成24年4月、「一般社団法人 全民救患者搬送協会」として発足した団体です。
主として消防救急対応外の医療処置継続管理を必要とする傷病者の搬送に際し、それらを行うに足りる相応の資器材を搭載した医療特化型患者輸送車に、必要に応じ医師又は医師の指示を受けた看護師が乗務し、病院間等の移動手段を提供しているのが「医療搬送サービス」です。
この事業は、運輸局の患者等輸送事業免許を受け、昭和後期から「民間救急サービス」の俗称を用い、消防救急対応外の多様な移送ニーズに応じ、救命を主眼とする消防救急活動の補完的役割をも担い、社会の利益に資する業界として関係諸機関及び利用者から高い評価を受けてまいりました。