航空医療搬送

ヘリコプター・ビジネスジェットを利用した搬送例

提携航空会社との連携医療搬送


へリコプターやプライベートジェットによる航空医療搬送

長時間の移動が困難な方に、ヘリコプターによる医療搬送をご提案します。
フライトの安全と共に患者様のお身体を第一に考え、飛行ルートや機種、装備の選定を行い、お体への負担を最小限とした転院搬送を提供いたします。海外で事故や病気になられた方が日本での治療を希望される場合には、医師・看護師を乗せたビジネスジェット(プライベートジェット)で治療中の国までお迎えに行く「レパトリエーション(帰国搬送)」も対応します。

特記事項

  • ヘリコプターの運航時間帯は原則、日の出~日没です。
  • ヘリコプターは有視界飛行方式で運航します。天候状況により運航不可となる場合があります。
  • キャンセルにつきましては契約金額に対し、通知なし100%、当日75%、1~2日前50%にて算出した金額を申し受けます。
  • 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)」に定める、一類、二類、三類、新感染症およびその他伝染の恐れのある患者様及び当社が別途定める「患者搬送実施要領」の患者受け入れ基準等により、搭乗をお断りする場合があります。
  • 患者様により、特殊な機材が必要な場合はご相談下さい。